一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 木質化(木造・木質化)

作成日 | 2017.07.18  更新日 | 2017.07.19

木質化(木造・木質化)

モクシツカ(モクゾウ・モクシツカ)   【英】Introduction of wooden structure and introduction of wooden interior decoration  

解説

建築物の構造耐力上主要な部分に木材を用いることを「木造化」、また天井、床、壁等の内装や外壁等に木材を用いることを「木質化」(まとめて「木造・木質化」)と言っている。「公共建築物等における木材の利用の推進に関する法律」(2010)に基づき策定された「公共建築物等における木材の利用の推進に関する基本方針」(2010)の中で木材利用の促進を図る観点からこの考え方が示された。背景としては、人工林資源を中心とする国産材の需要拡大が、森林の多面的機能の発揮や山村等の地域経済の活性化を通じた持続的な森林の保全(整備・管理)に不可欠との考えがある。「カーボンニュートラル」という木材の特徴を活かした地球温暖化防止及び循環型社会の形成への貢献も強調されている。近年では法に基づく公共建築物の木造化・木質化のみならずオフィス等の木質化に向けた取り組みも進められている。(2017年2月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト