一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ツマアカスズメバチ

作成日 | 2017.07.18  更新日 | 2017.07.18

ツマアカスズメバチ

ツマアカスズメバチ   【英】Vespa velutina]Yellow-legged hornet, Asian black hornet  

解説

中国、台湾、東南アジア、南アジアを原産とする外来のスズメバチ。日本では2012年長崎県対馬市で初めて発見された。体は全体的に黒っぽく腹 部の先端がオレンジ色なのが特徴。大きさは分布域などによって差がある。東南アジアでは体長が、女王蜂25-30mm、雄バチが16mm、働きバチ14-17mm前後である。在来のスズメバチの減少などによる生態系への影響のほか、養蜂への影響による生態系のかく乱などが懸念されることから、2015年1月に外来生物法に基づく特定外来生物に指定されている。2015年には福岡県北九州市で、2016年には宮崎県日南市でも確認されている。(2017年2月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト