一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 山元立木価格

作成日 | 2019.06.25  更新日 | 2019.09.21

山元立木価格

ヤマモトリュウボクカカク  

解説

林地に立っている樹木の価格をいう。樹木から生産される丸太相当材積(利用材積:例えばm3)当たりの価格で示される。最寄りの木材市場での丸太売渡価格(素材価格)から伐木・造材及び運搬費等の生産諸経費(素材生産費等)を差し引いて算出され、森林所有者の収入に相当する。

山元立木価格の推移は、1946(昭和21)年から毎年行われている(一財)日本不動産研究所の調査により知ることができる。

2017(平成29)年3月末現在の山元立木価格はスギが2,881円/m3、ヒノキが6,200円/m3、マツが3,856円/m3で、ピーク時の1980(昭和55)年の価格に対し、13?23%の水準となっている。(2019年3月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト