一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 気候変動関連財務情報開示タスクフォース

作成日 | 2021.07.14  更新日 | 2021.07.16

気候変動関連財務情報開示タスクフォース

キコウヘンドウカンレンザイムジョウホウカイジタスクフォース   【英】Task Force on Climate-related Financial Disclosures  [略]TCFD  

解説

FSB(金融安定理事会)により設立されたタスクフォースで、気候関連のリスクと機会がもたらす財務的影響について把握し、自主的な情報開示のあり方を提言する。最終報告書が2017年6月に公表されている。

金融市場は、気候変動の影響に関する明確かつ包括的で質の高い情報を必要としている。これには、気温の上昇、気候関連の政策、変化する世界における新しい技術がもたらすリスクと機会が含まれる。こうした観点から金融安定理事会は、気候関連の財務情報の報告を改善・増加させるために、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)を設立した。2017年6月に公表された報告書では、企業が気候変動のリスク・機会を認識し経営戦略に織り込むことは、ESG投融資を行う機関投資家・金融機関が重視しているとし、その重要性に言及している。(2021年6月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト