一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 グレートリセット

作成日 | 2021.09.21  更新日 | 2021.09.22

グレートリセット

グレートリセット   【英】The Great Reset  

解説

あらゆる関係者の協力を通じて、より公正で持続可能かつレジリエンスのある未来を目指して、経済、社会、環境、個人の生活等の仕組みを見直し、経済、社会システムの基盤を緊急に再構築すること。

「世界経済フォーラム(WEF)」が、2021年に開催予定だった年次総会(ダボス会議)のテーマとした(なお、同会議は結局中止され、次回は2022年前半に開催される予定である)。

新型コロナウイルス感染症による経済、社会への影響や気候変動の影響の顕在化に対応してグレートリセットを実現するためには、より持続可能な社会を目指したグリーン復興(グリーンリカバリー)を行うことが重要である。このためには、株主のみならず、従業員や地域社会といったステークホルダーの利益に配慮する「ステークホルダー資本主義」の浸透、EUの復興基金のような持続可能な投資の活用、及びデジタルトランスフォーメーションや再生可能エネルギー技術で代表される第4次産業革命といわれるイノベーションの推進が指摘されている。日本でもSDGsの達成や2050年温室効果ガスの排出量実質ゼロを目指した施策が進められており、グレートリセットはその基礎となるような概念ともいえる。

なお、世界経済フォーラムは、世界官民両セクターの協力を通じて世界の現状の改善に取り組むことを目的とする国際機関であり、1971年に非営利団体としてジュネーブで設立された。(2021年7月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト