一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 国家酸性雨評価計画【米国】

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.15

国家酸性雨評価計画【米国】

コッカサンセイウヒョウカケイカク   【英】National Acid Precipitation Assessment Program  [略]NAPAP  [同義]全国酸性降下物調査計画(米国) 

解説

米国で実施している大規模な酸性雨に関する調査と計画。1980年に米国で制定された酸性降下物法に基づき、酸性沈着物の総合的調査、モニタリングおよび評価を行なう関係省庁横断の10ヶ年計画としてスタートしたもの。背景には米国からの越境大気汚染の被害を近隣国のカナダなどが訴え、外交問題にまで発展したことがある。

同計画では、酸性沈着物の原因と発生源を特定すること、酸性降下物による環境、社会および経済への影響を評価すること、調査結果に基づき、実行可能な範囲で原因物質の排出規制あるいは除去を行い、酸性沈着物がもたらす有害な影響を取り除くあるいは弱めることの3点が目的とされている。

10ヶ年の期間終了の1990年に、米国連邦議会による大気浄化法の改正法に基づいて、無期限の計画として改めて制定された。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト