一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報APEXセミナー「持続的な社会の構築に向けて−里山から未来を考える−」

APEXセミナー「持続的な社会の構築に向けて−里山から未来を考える−」

【カテゴリ】 自然環境 身近な自然の保全

【開催日】2010.02.09

【開催地】東京都


第166回 APEXセミナー 2010年2月9日(火)
--------------------------------------------------------------------
「持続的な社会の構築に向けて−里山から未来を考える−」
 講師 内山 節氏(哲学者)
 関連URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
--------------------------------------------------------------------

近代的科学技術を駆使した経済成長や都市化の進展にともない、自然と人
間の関係や労働のあり方が、経済的価値との結びつきを深めつつ、決して
望ましいとはいえない方向に変貌していくことは、ずいぶん以前から指摘
されていることです。近年のグローバル化の進展により、それらの問題は
さらに次元を亢進させているのではないでしょうか。そのような中で、農
山村の暮らしやそこにおける生産活動の価値を見直しながら、自立的で持
続可能な社会を新たにつくりだしていこうとする動きも始まっています。

今回の APEXセミナーでは、東京と群馬県の山村を行き来しつつ、長年に
わたり、人間と自然との関係や労働のあり方について深く洞察し、里山の
再生・農山村復興の活動にも取り組んでこられた内山節さんをお招きし、
里山から構想される代替的社会の可能性等についてお話を伺います。

(講師プロフィール)

内山 節氏
1950 年東京生まれ。哲学者。特定非営利活動法人「森づくりフォーラム」
代表理事。70年代から東京と群馬県上野村を往復しながら暮らし、現代に
おける労働、そして自然と労働との関係を見つめつづける。著書に『清浄
なる精神』(信濃毎日新聞社)、怯えの時代(新潮選書)、『森にかよう
道』『貨幣の思想史』『「里」という思想』(いずれも新潮社)、『戦争
という仕事』(信濃毎日新聞社)、『日本人はなぜキツネにだまされなく
なったのか』(講談社現代新書)、『自然と労働』『自然・労働・協同社
会の理論』(ともに農山漁村文化協会)、『山里紀行』(日本経済評論
社)、『自然と人間の哲学』(岩波書店)、『哲学の冒険』(平凡社)、
『労働の哲学』『労働過程論ノート』(ともに田畑書店)などがある。



【日 時】 2010年2月9日(火)18:30 − 20:40(18:15受付開始)
【場 所】 JICA地球ひろば セミナールーム202
      東京都渋谷区広尾4-2-24
      TEL:03-3400-7278/FAX:03-3400-7264
       http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
      (東京メトロ日比谷線広尾駅下車(A3出口)徒歩1分)
【参加費】 800円(APEX会員300円) (定員40名)
【主 催】 特定非営利活動法人APEX
【お申し込み】ウェブサイトから参加登録されるか、メール、電話または
       FAXで、第166回セミナー参加希望と明記の上、お名前とご
       連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。
   
【お申し込み/お問い合せ先】
 ウェブサイト http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
 特定非営利活動法人APEX (担当:三木)
 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
 〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
 E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
 URL:http://www.apex-ngo.org/


【登録日】2010.01.22

[NPO法人 特定非営利活動法人APEX]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2010.01.22

【登録者】特定非営利活動法人APEX