一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

イベント情報日本の山をよくするシンポジウム

日本の山をよくするシンポジウム

【カテゴリ】 自然環境 身近な自然の保全

【開催日】2010.02.20

【開催地】東京都




(転送歓迎)


■日本の山をよくするシンポジウム<ご案内>

 日本人が太古の昔から暮らしをともにし、日本の風土の基盤をなしてきた山が、森林の管理不全や、経済の低迷、担い手の減少などによる林業の不振、山村の暮らしの崩壊などで荒廃の一途をたどっています。

 このシンポジウムは、そうした危機的状況を国民の共通認識とし、その自然、文化、山村コミュニティを再生し、世界に誇るべき日本の山をよくするために、さまざまな分野の英知を求め、実践していくことを目的として開催します。

【日時・会場】
○日時:2010年2月20日(土)13時開会  ※ 開場12:00 
○会場:東京農業大学 18号館1階 講座室 (百周年記念講堂隣)
(東京都世田谷区桜丘1-1-1 東京農業大学 世田谷キャンパス)
 http://www.nodai.ac.jp/access/map_s.html

○主催:日本の山をよくするシンポジウム実行委員会
     (実行委員長 宮林 茂幸)

【プログラム】 ※敬称略,時間・内容等は一部変更の場合があります
○開会(挨拶・主旨説明) 
○日本の山からの報告(各40分)
(1)美しい森林づくり・山づくり   
     速水 亨 (速水林業)
(2)山の暮らしを再生する      
     渋澤 寿一(NPO法人 樹木・環境ネットワーク)
○新たな森林の管理、経営の方策/各地の事例とセッション(発表 各20分) 
(1)山と都市市民、企業との連携
     木俣 知大(社団法人 国土緑化推進機構)
(2)行政とNPOによる取り組み
     堂本 泰章(財団法人 埼玉県生態系保護協会)
(3)森林組合による新たな試み
     内木 篤志(岐阜県加子母森林組合)
(4)森林と自然エネルギーの開発
     堀内 道夫(株式会社 光と風の研究所)
○全体セッション 
  ・コーディネーター 宮林 茂幸(東京農業大学)
○閉会挨拶・閉会 (18:00閉会予定)
*終了後、懇親会を予定しています(18:20〜20:00 会費/事前申込制)

【申し込み・連絡先】
*お名前、ご所属、連絡先、シンポジウム・懇親会それぞれの参加の有無、人数を下記事務局まで、ご連絡ください。
※どなたでもご参加できます。定員(150名)により締め切りますので、お早めに下記連絡先でお申込ください。

日本の山をよくするシンポジウム実行委員会
事務局(NPO法人全国水環境交流会)
 電話:03-3408-2466
 ファクシミリ:03-5772-1608
 E-mail:mizukan@mizukan.or.jp
 http://www.mizukan.or.jp/

【登録日】2010.01.23

[任意団体 新河岸川水系水環境連絡会]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2010.01.23

【登録者】新河岸川水系水環境連絡会

この情報の修正・削除