一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報第7回日韓NGO湿地フォーラム

第7回日韓NGO湿地フォーラム

【カテゴリ】 自然環境 生物多様性

【開催日】2012.02.25 〜2012.02.26

【開催地】福岡県


第7回 日韓NGO湿地フォーラム

■日時・会場(1日目と2日目で会場が異なりますので、ご注意ください)
 2012年2月25日(土)10:00〜17:30
  福岡商工会議所 401〜404号室
  〈地図〉http://www.fukunet.or.jp/info/map_index.html
   (博多駅博多口から徒歩10分、地下鉄祇園駅5番出口から徒歩5分)  
 2012年2月26日(日)10:00〜15:00
  福岡朝日ビル 13〜14号室(博多駅博多口から徒歩2分)
  〈地図〉http://www.asahibuilding.co.jp/fukuoka/access.html
■参加費(2日間):一般1500円、ラムネットJ会員1000円(当日入会も可)
■主 催:ラムサール・ネットワーク日本(ラムネットJ)
     韓国湿地NGOネットワーク(KWNN)

 ラムネットJでは、2008年に韓国のチャンウォンで行われた第10回ラムサール条約締約国会議(ラムサールCOP10)の準備段階から、韓国の湿地保全関係者と交流し、ラムサールCOP10や、2010年に名古屋で行われた生物多様性条約COP10などの国際会議への対応を協力して行ってきました。今年は7月にルーマニアのブカレストでラムサールCOP11が、9月には韓国のチェジュ島でIUCNの第5回世界自然保護会議(WCC)が開催されます。これらの会議でも日韓のNGOが連携して湿地保全をアピールしていきます。
 今回の日韓NGO湿地フォーラムでは、まず1日目はCOP11やWCCへの準備として、韓国の四大河川、日本の泡瀬、諫早といった公共事業による湿地の危機と、司法の問題について考えます。続いて2日目は、COP11のテーマである「湿地のツーリズム」に関して日韓各地の事例を報告し合い、さらにCOP11でのNGOの課題や取り組みについて検討します。
 一般の方でも、湿地保全やラムサール条約について学びたい方は、ぜひご参加ください。

【第1部】2月25日(土)10:00〜17:30 ※昼食休憩12:00〜13:00
■日韓湿地の危機─止まらない公共事業とねじれる司法─
・諫早、泡瀬、上関:堀 良一(ラムネットJ共同代表)
・球磨川、川辺川、荒瀬ダム:つる詳子(自然観察指導員熊本県連絡会副会長)
・オーフス条約:大久保規子(大阪大学大学院法学研究科教授)
・セマングム、4大河川事業、カンファド潮力発電所......韓国NGO
・ディスカッション
■特別報告
・WWN地球湿地賞を受賞した中津干潟:足利由紀子(水辺に遊ぶ会代表)

【第2部】2月26日(日)10:00〜12:30
■湿地ツーリズムとレクリエーション
・ラムサール条約と湿地のツーリズム:柏木 実(ラムネットJ共同代表)
・荒尾干潟:高野茂樹(八代野鳥愛好会代表)
・福岡湾:服部卓朗(ふくおか湿地保全研究会理事長)
・ムアン干潟、八代・日韓こども自然観察会:韓国NGO

【第3部】2月26日(日)13:30〜15:00
■ラムサールCOP11ガイダンス
・水田と農業に関する決議について:呉地正行(ラムネットJ共同代表)
・ラムネットJの参加方針:花輪伸一(ラムネットJ共同代表)
・KWNNの参加方針:韓国NGO
※第3部終了後、COP11に向けての日韓の関係者による意見交換会を行います。

■お問い合わせ
NPO法人ラムサール・ネットワーク日本 TEL/FAX 03-3834-6566
Eメール info☆ramnet-j.org(☆印は@に置換)

【登録日】2012.01.27

[NPO法人 ラムサール・ネットワーク日本]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2012.01.27

【登録者】ラムサール・ネットワーク日本