一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報野生動物との共生を探るエコツアー「世界遺産白神山地マタギから学ぶ生き方暮らし方《秋編》」

野生動物との共生を探るエコツアー「世界遺産白神山地マタギから学ぶ生き方暮らし方《秋編》」

【カテゴリ】 自然環境 野生動植物

【開催日】2012.09.21 〜2012.09.23

【開催地】青森県


何百年も続く自然の営みが作り上げた広大なブナ原生林と豊かな生態系を擁する世界自然遺産の山・白神山地。 とりわけ、秋の白神山地と津軽富士“岩木山”は、命に恵まれ、自然が語りかけてくるような季節です。

冬の白神山地をめぐった 1月のツアーに続き、秋まっさかりの「野生動物との共生を考えるエコツアー」では、白神におけるマタギ文化伝承の第一人者、「白神マタギ舎」の工藤光治さんのマタギ小屋を訪ねます。

工藤マタギは、マタギの風習・知恵そして精神を受け継ぎ、青森県西目屋村で生業を続けています。自然を捉えるマタギの目線で、知られざる白神山地を案内します。マタギの自然との付き合い方を手がかりに、野生動物と私たち人間との共生・共存の道を探ってみましょう。

ほか、西津軽地方の古くから営みや現在の地域特産トウモロコシ農家の現状から、野生鳥獣被害と人間の関係を探ります。

マタギの自然への慈愛あふれるお話、地域の方との交流にもご期待ください。

★『野生動物との共生を探るエコツアー:世界遺産白神山地マタギから学ぶ生き方暮らし方《秋編》』★
《内容》
【1日目】
・津軽人の心のよりどころ津軽富士“岩木山” ‐信仰と自然と人との係わりを探る
【2日目】
・マタギの工藤光治さんとフィールドワーク白神山地の森を歩く-マタギ小屋から白神と人の関わりを学ぶ
・白神山地ビジターセンター 見学
【3日目】
・岩木山ブランドトウモロコシ“嶽キミ”農家視察-農家からサル獣害など現状のお話/トウモロコシの収穫体験
 ※天候などにより変更になる可能性があります。
【ゲスト】工藤光治氏(白神マタギ舎)、高田敏幸氏(NPO法人岩木山自然学校代表)
【日時】2012年9月21日(金)13:30〜23日(日)15:00 2泊3日
【場所】岩木山麗温泉ペンションワンダーランド泊(青森県弘前市)
【集合】JR新青森駅:21日13:30集合
【解散】JR新青森駅:23日15:00解散
【定員】15名
【申込締切】9月14日(金)
【費用】《エコセン会員》38,000円/《一般》39,000円(宿泊、食事5食込み。3日目昼食代別。)
※現地までの往復交通費は各自ご負担下さい。
【お申込】ホームページよりお申込ください。
【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

【登録日】2012.08.13

[NPO法人 日本エコツーリズムセンター]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2012.08.13

【登録者】日本エコツーリズムセンター