一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報福島県のいまと将来-震災から5年、鮫川村の山村からのメッセージ-

福島県のいまと将来-震災から5年、鮫川村の山村からのメッセージ-

【カテゴリ】 環境一般 まちづくり

【開催日】2016.04.19

【開催地】東京都


2011,3,11東日本大震災から5年。テレビやメディアではここぞとばかりに、あの日の悲惨な津波被害や地震被害をピックアップし、防災の大切さを説いていました。節目の日にだけ思い出すかのような取り上げ方、毎日福島県で暮らす私たちからすると、「これが風化というやつなんだな。」、そんな感覚でした。人口約3600人の高齢過疎地の福島県鮫川村。そんな山間部の村で負けじと5年間活動してきた私たちの活動内容の紹介、そして福島県のこれからのことをお話しいたします。



(1)ふくしまキッズ

原発被害により、外で遊べなくなった福島県の子ども。そんな子どもたちを連れ、長期休みに全国で自然体験活動を行った。北海道、石川、岐阜、神奈川、長野、静岡、兵庫、京都、愛媛、長崎、熊本など日本全国で開催、さらにはドイツでも開催した。5年間13回の活動で累計4757名、最終報告会はニューヨークで開催した。一度幕を下ろしたが、今も活動は続いている。



(2)都市交流ライフシェアリング 

放射能汚染により、人が近寄らなくなった福島県。高齢過疎地ではさらなる過疎化が進み、耕作放棄地や休耕田、荒れ果てた里山がどこでも見られるようになってしまった。そんな状況を打破するために都市との交流を続けている。若者を招き農林業で汗を流す。そんな交流が農山村を救うことになるかもしれない。

【登録日】2016.04.06

[NPO法人 日本エコツーリズムセンター]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2016.04.06

【登録者】日本エコツーリズムセンター