一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報再エネ新時代における電力売買取引

再エネ新時代における電力売買取引

【カテゴリ】 エネルギー その他(エネルギー)

【開催日】2021.07.26

【開催地】東京都


■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)
〜FIP制度からコーポレートPPAまで〜

【講師】
西村あさひ法律事務所 弁護士
川本 周(かわもと あまね) 氏

【重点講義内容】
固定価格買取(FIT)制度の創設から10年、脱炭素社会の実現に向けて再エネのさらなる導入が求められる中、従来のFITとは異なる再エネ発電ビジネスの動きが急である。電気の需要家の側でも再エネ電気の調達ニーズが高まりつつある。本講演では、FIP制度と現在進行中の各種制度変更を詳説するとともに、第三者所有モデル、自己託送、さらにはコーポレートPPAなど、再エネ新時代における電力売買ビジネスのあり方を展望する。

1.再エネをめぐる制度改正状況
 (1)Feed-in-Premium(FIP)制度
 (2)再エネ表示ルール・非化石証書の制度変更
 (3)その他再エネ周辺制度の最新状況
2.再エネ時代の電力売買取引
 (1)電力売買・調達のスキーム
 (2)再エネ環境価値の取引
 (3)売電契約(PPA)の主要条項
 (4)日本版コーポレートPPAの仕組み
3.質疑応答/名刺交換

【講師プロフィール】
川本 周(かわもと あまね) 氏

西村あさひ法律事務所弁護士。東京大学法学部、コロンビア大学ロースクール(LL.M.)各卒業。
2006年、西村ときわ法律事務所(現西村あさひ法律事務所)加入。2013年〜2015年、Marubeni Europower Limited(ロンドン)にて勤務。2016年〜2017年、みずほ銀行株式会社プロジェクトファイナンス営業部出向。プロジェクトファイナンス・再生可能エネルギーを中心に、発電プロジェクトの開発から資金調達まで、国内外の企業を支援した経験を多数有する。近時の執筆として「再生可能エネルギー特別措置法の抜本改正」(西村あさひ法律事務所金融ニューズレター2020年4月3日号)。日経エネルギーNextにてコラム「法制度Q&A」を執筆中。

【登録日】2021.06.11

登録者情報

【登録日】 2021.06.11

【登録者】新社会システム総合研究所

この情報の修正・削除