一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報激変する電力市場とエネルギービジネスの戦略シナリオ2022

激変する電力市場とエネルギービジネスの戦略シナリオ2022

【カテゴリ】 エネルギー その他(エネルギー)

【開催日】2022.01.21

【開催地】全国


■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

【講師】
A.T.カーニー(株) エネルギープラクティス
パートナー
筒井 慎介(つつい しんすけ) 氏

A.T.カーニー(株) エネルギープラクティス
プリンシパル
大島 翼(おおしま つばさ) 氏

【重点講義内容】
2021年は、新たなエネルギー基本計画が閣議決定され、日本を含めた多くの国が脱炭素目標の引き上げ、カーボンニュートラル目標を掲げる等、これまで以上に脱炭素に向けた機運が高まった1年であった。また、一部のグローバル大手企業では各国の政策的な目標よりも更に高い目標を掲げる企業もあり、SBTiがネットゼロ基準をローンチする等、民間での動きも加速してきている。
他方、こうした目標の実現に向けた道程には不確実性も高く、政府はグリーン成長戦略(岸田政権ではクリーンエネルギー戦略)を掲げ、成長14分野を定めているが普及拡大までの道筋は見えていない。こうした取り組みは2050年を見据えたものであるが、大型投資を必要とするものなど、足元でも既に投資判断や企業戦略に影響を及ぼしつつある。
これからのエネルギー市場での戦略を検討するにあたっては、COP26を含む国際的な議論、政府の各種政策、技術動向、投資家や消費者の意向、また国内外の危機感の格差等、多岐にわたる情報の統合・解釈が求められており、本セミナーではこうした広範なトピックスを概観し、各事業者が戦略的に持つべき視点を洞察していく。

1.カーボンニュートラルに向けた政策動向と注目すべき論点
2.COP26やSBT等の国際的議論・イニシアティブの動向
3.国内外の脱炭素化のスピード感の違い
4.関連技術の開発・普及の見通し
5.今後の戦略検討上の論点
6.質疑応答

【講師プロフィール】
筒井 慎介(つつい しんすけ) 氏
東京大学工学部機械工学科卒。
ジェーシービーを経て、A.T.カーニーに入社。エネルギー、電力、都市ガス、通信業界を中心に、事業戦略、M&A戦略、新規事業立案、シナリオプランニング等を支援。電力自由化を契機とした業界構造変化等をテーマとした講演・セミナー多数。
2013年、2014年に経済産業省資源エネルギー庁電力改革推進室(課長補佐)に出向。
2014年より2017年まで京都大学院経済学研究科 特任准教授。

大島 翼(おおしま つばさ) 氏
東京大学農学部生物環境工学科卒。
A.T.カーニーに入社後は、エネルギー業界を中心に、シナリオプランニング、成長戦略、また近年はアナリティクスを活用した電力調達・取引、資源調達の最適化、また環境変化を踏まえた資産管理の高度化等を支援。
2014年、2015年に経済産業省資源エネルギー庁電力改革推進室(係長)に出向。

【登録日】2021.12.01

登録者情報

【登録日】 2021.12.01

【登録者】新社会システム総合研究所

この情報の修正・削除