一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報資源・エネルギー転換の国際動向

資源・エネルギー転換の国際動向

【カテゴリ】 エネルギー 燃料電池

【開催日】2022.01.14

【開催地】東京都


■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

【講師】
公益財団法人東京財団政策研究所 主任研究員
平沼 光(ひらぬま ひかる) 氏

【重点講義内容】
先ごろ開催されたCOP26では産業革命前からの気温上昇を「1・5度」に抑える努力を追求するとした合意文書が採択された。これにより各国は再生可能エネルギーや省エネ高効率機器などの普及を進めるエネルギー転換の動きを加速することになるだろう。
一方、エネルギー転換は再エネ設備や電気自動車(EV)などの生産に必要な鉱物資源の急激な需要増大を引き起こし、需給不安定化をもたらすことが危惧されている。こうした状況に対応するため欧州では、欧州グリーンディールの一環として、天然資源への依存を解消し、リサイクルによる再生資源を中心とした循環経済(サーキュラーエコノミー)の構築を急いでいる。
世界でEV覇権が争われている中、既に欧州ではEVの心臓部と言える蓄電池について、再生資源による電池製造を促す規定づくりなどが行われており、欧州のルール化戦略が着々と進められている。
こうした状況に対し、日本はどのように対応すべきかを考察する。

1.エネルギー転換のこれまでの動向
2.カーボンニュートラルに欠かせないEVと電力システムのセクターカップリング
3.欧州グリーンディールの重要課題 “サーキュラーエコノミー”
4.サーキュラーエコノミーにおけるEV蓄電池規制
5.サーキュラーエコノミーに対応する欧州自動車メーカーとリサイクラー
6.日本の資源循環の現状
7.日本の課題と対応
8.質疑応答/名刺交換

【講師プロフィール】
平沼 光(ひらぬま ひかる) 氏
早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了、博士(社会科学)。日産自動車株式会社勤務を経て、2000年より東京財団政策研究所勤務。 内閣府 日本学術会議 東日本大震災復興支援委員会 エネルギー供給問題検討分科会委員、福島県再生可能エネルギー導入推進連絡会系統連系専門部会委員を歴任するほか、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 低炭素社会戦略センター客員研究員も務める。著書に『資源争奪載の世界史』(日本経済新聞出版, 2021年5月25日)他、多数あり。

【登録日】2021.12.10

登録者情報

【登録日】 2021.12.10

【登録者】新社会システム総合研究所

この情報の修正・削除