一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報2021年を振り返り、今後の炭素制約下社会に向けたリスクと機会をどのように考えればよいか?

2021年を振り返り、今後の炭素制約下社会に向けたリスクと機会をどのように考えればよいか?

【カテゴリ】 エネルギー その他(エネルギー)

【開催日】2022.01.17

【開催地】東京都


■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

【講師】
(有)クライメート・エキスパーツ、(公財)地球環境戦略研究機関
代表、上席研究員

【重点講義内容】
2021年は、気候変動問題に関して、国際的にも国内的にもマイルストーン的な一年であった。
国際的には、パリ協定の最初の年で、インドやサウジなどの国まで炭素中立を宣言し、グラスゴーのCOP26では+2℃ではなく+1.5℃上昇が事実上のゴールであるという雰囲気が醸成された。EUもかなり具体的な行動計画Fit-for-55を用意してきている(含炭素国境調整)。
国内でも、マイナス46%目標設定と、その達成のための青写真第6次エネ基や改正温対計画が策定された。年末には2つのカーボンプライシング委員会が再開、EV補助金の増額、いくつかの海外のブルーアンモニアプロジェクトが動いてくるなどの動きも見せている。
本講演においては、これらを受けて、今後10年程度のタイムフレームで、われわれはどのようにこの問題に対処していくことが適切か?という点を、各種のリスクや機会の視点をベースに、いろいろな例を交えながら、総括・考察する。

1.激動の2021年を振り返って
 (0)世界の排出トレンドとCOVID-19の影響
   ・IPCC AR6の意味するところとIEAなどの将来シナリオ
 (1)国際的なトレンド形成
   ・各国の2030年目標と炭素中立目標
   ・グラスゴーCOP26のもたらしたものとその評価
   ・EUの行動計画Fit-for-55の意味するところ(EU ETS、国境炭素調整, 自動車規制等)
 (2)国内の46%削減目標と第6次エネルギー基本計画
   ・日本の排出トレンド(2020年時点)
   ・第6次エネルギー基本計画と改正温対計画をどう読むか?
   ・影響の大きい政策措置と見通し
   ・カーボンプライシングの行方
 (3)民間企業の動き
   ・海外のリーディング企業の動き
   ・各種イニシアティブと自主的炭素市場
   ・国内大企業の動き

2.今後の求められるアクション(reactive)
 (1)国内規制やデファクト規制対応
   ・省エネ法・温対法、GHG Protocol (Scope 1 to 3)、TCFD、...
 (2)自主的な目標設定とアクション
   ・炭素中立目標、RE100、SBT、 ...

3.ビジネスで打って出るにあたっての考え方 (リスクと機会)(proactive))
 (1)将来の不確実性の評価
   ・2050年に向けてのエネルギーシステムの各種要素に関する考察(リスクと機会)
    (電化、水素関係、CCS関係、カーボンリサイクル関係、EV関係、バイオマス関係、...)
 (2)自社の方向性設定における考え方
   ・切り捨て分野の判断.強みを活かす.提供するもの.ストーリー性
   ・成長が見込まれているものに乗る
   ・他社対応をサポートする...

4.未来社会の提案という視点 (vision-oriented)

5.質疑応答

【講師プロフィール】
松尾 直樹(まつお なおき) 氏

■現在
(有) クライメート・エキスパーツ 代表取締役 (温暖化コンサルティング) (2002ー)
(株) PEARカーボンオフセット・イニシアティブ 代表取締役 (途上国ビジネス) (2007ー)
(株) クールイノベーション 取締役 (革新的冷蔵技術・途上国コールドチェーン) (2020ー)
(公財) 地球環境戦略研究機関 シニアリサーチフェロー (気候変動問題戦略研究) (2017ー)
慶應義塾大学 非常勤講師 (大学院低炭素関係) (2009ー)  等
■その他
(財) 日本エネルギー経済研究所 (気候変動と電力の研究) (1991ー1998)
(財) 地球環境戦略研究機関 (気候変動問題戦略研究) (1998ー2002)
(財) 地球産業文化研究所 (IPCC) (1998ー2001)  等
大阪大学大学院理学研究科物理学専攻 博士後期課程修了 (理学博士)

【登録日】2021.12.22

登録者情報

【登録日】 2021.12.22

【登録者】新社会システム総合研究所

この情報の修正・削除