一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

イベント情報市民シンポジウム「ディーゼル排ガスと健康」

市民シンポジウム「ディーゼル排ガスと健康」

【カテゴリ】 大気環境 大気汚染

【開催日】2005.04.24

【開催地】東京都


03年10月に自動車NOX・PM法と1都3県によるディーゼル排ガス規制が相次いで実施され、東京都は昨年10月1日、ディーゼル車規制開始後1年間の常時監視測定局における浮遊粒子状物質(SPM)に係る測定結果を公表し、「道路沿道におけるSPM濃度の改善が著しく、住宅地等の環境に近づいており年10月に開始したディーゼル車規制の効果が表れているものと考えられる」としています。誰もが安心して吸える空気の取り戻したのでしょうか?自動車メーカーは自動車NOX・PM規制の対処方法として、ディーゼル燃料の高圧噴射化をすすめていますが、このことによって排ガス中のPMが、人の目に見えないナノ粒子となり、人の健康に新たな悪影響を与える可能性も指摘されています。
 今回のシンポは、それらの問題を総合的、科学的に解明することを目的にして、病理学、疫学、大気環境科学等の学者・研究者の方々をシンポジストにお迎えし開催します。

主催:酸性雨調査研究会・日本環境学会

講演と報告
1 島田章則 鳥取大学獣医病理学教授
  米国毒性学会(3月)報告:「ナノ粒子研究の世界的な動向」
2 嵯峨井 勝 青森県立保健大学健康科学部教授
 テーマ: ディーゼル微粒子の呼吸器及び生殖器等への影響
3 山本英二 岡山理科大学総合情報学部教授
  テーマ:短期的健康影響を明らかにする疫学研究の動向
4 常時監視データーからみた東京の面的汚染
   プロジェクトチームによる報告

資料代 一般1000円・学生500円

【登録日】2005.03.08

[任意団体 酸性雨調査研究会]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2005.03.08

【登録者】酸性雨調査研究会