一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

機関情報多摩美術大学テキスタイル研究室

多摩美術大学テキスタイル研究室 (タマビジュツダイガクテキスタイルケンキュウシツ)【学校法人】

代表
192-0394 東京都 八王子市鑓水2-1723 多摩美術大学
電話
042-679-5695
E-Mail
URL

事業概要

活動分野
リサイクル、地球温暖化、国際環境協力
目的
多摩美術大学では、未利用資源(バナナの茎)とデザインを融合したバナナ布の制作システムをカリキュラムに取り入れ、地球環境問題とデザイン教育を連携させた、具体的でかつ持続可能な国際貢献の実践を学生主体で行っていきます。この取組「バナナ・テキスタイル・プロジェクト〜地球環境問題とデザイン教育〜」は、平成18年度文部科学省・現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP/持続可能な社会につながる環境教育の推進)に選定されました。
事業概要
多摩美術大学では、2002年より、廃棄処分されているバナナの茎の部分を利用して、無薬品、省エネルギーで、織布を生産するプロジェクト活動を行っております。本取組は、未利用資源(バナナの茎)とデザインを融合したバナナ布の制作システムと、作られた製品を海外諸国に紹介することで、開発途上国への自立支援・地球環境保全に貢献することを視野に入れたものです。この取組のプロセスをカリキュラムに取り入れ、地球環境問題とデザイン教育を連携させ、具体的でかつ持続可能な国際貢献の実践を学生主体で行うものです。さらに、国際交流および異文化間の相互理解により、学生がデザイナーあるいはアーティストといった専門的立場から、様々な問題を包含したグローバルな視点と総合的考察力を学び、自らの姿勢を日常から考え行動する機会を経験する実社会における環境教育です。
主要成果物

運営

設立年
2002
管轄官庁・親機関
職員・スタッフ数
年間予算規模
活動地域
東京

[多摩美術大学テキスタイル研究室]今後のイベント

[多摩美術大学テキスタイル研究室]これまでのイベント

【東京都】バナナでつくろう地球の布(バナナ・テキスタイル・プロジェクト − 地球環境問題とデザイン教育)イベント
開催日:2008.01.24(木) 〜 2008.01.29(火)