一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

機関情報ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 (ダイオキシン・カンキョウホルモンタイサクコクミンカイギ)【任意団体】

英名
People’s Association on Countermeasures of Dioxin&Endocrine Disruptor
略称
PAC
代表
160-0004 東京都 新宿区四谷1-21戸田ビル4階
Daikanpuraza1F 2-29-5 kita-otsuka tosima-ku tokyo-to
電話
03-5368-2735
FAX
03-5368-2736
E-Mail
kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp
URL
http://www.kokumin-kaigi.org

事業概要

活動分野
環境ホルモン、ダイオキシン、有害物質/PRTR
目的
ダイオキシン・環境ホルモン汚染は、人間だけでなく地球上のあらゆる生物の種の存続の危機を招いています。この危機を克服し、次世代の未来を取り戻すこと。
事業概要
1.政策提言、その推進
2.情報交換、NGOとの協力推進
3.調査研究
4.シンポジウム、講演会、学習会の開催
5.相談活動
6.ニュースレターの発行 その他
主要成果物

運営

設立年
1998
管轄官庁・親機関
職員・スタッフ数
4人
年間予算規模
活動地域
主に首都圏

[ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議]今後のイベント

[ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議]これまでのイベント

【東京都】海産物の放射能汚染を考える 安全な食品を食べるためにはセミナー
開催日:2012.03.31(土)
【東京都】ネオニコチノイド系農薬国際市民セミナ― ミツバチ・生態系・子どもたちを守るためにセミナー
開催日:2011.11.12(土) 募集期間:2011.11.01(火) 〜 2011.11.12(土)
【東京都】今中哲二先生講演会 「チェルノブイリ事故の健康影響 と福島の子どもたち」イベント
開催日:2012.06.15(金)