一般財団法人環境イノベーション情報機構

機関情報交通エコロジー・モビリティ財団

交通エコロジー・モビリティ財団 (コウツウエコロジーモビリティザイダン)【財団法人】

英名
Foundation for Promoting Personal Mobility and Ecological Transportation
略称
EcoMo Foundation
代表
102-0076 東京都 千代田区五番町10 五番町KUビル3F
10, Goban-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0076, Japan
電話
03-3221-7636
FAX
03-3221-6674
E-Mail
ecomo@ecomo.or.jp
URL
http://www.ecomo.or.jp/

事業概要

活動分野
大気汚染、地球温暖化、交通問題
目的
21世紀をむかえ、世の中は大きく変わりつつあります。交通の分野においても、従来の速くて安全な交通機関を追い求めるだけでは、時代の要請には応えられなくなってきました。これからは、高齢者や障害者等、体の不自由な方だけでなく、すべての人々がスムーズに移動できるような交通機関の実現、自動車からの二酸化炭素排出による地球温暖化問題の解決など、地球環境と共生できる交通システムの構築が強く求められております。
 当財団は平成6年9月に「財団法人交通アメニティ推進機構」として運輸大臣(現国土交通大臣)より設立認可され、 平成9年には業務内容の充実を図るとともに、名称を「交通エコロジー・モビリティ財団」に改め、運輸及びその関連分野における移動円滑化(交通バリアフリー)の推進ならびに環境対策の推進を図ることを目的とし、、日本財団の支援を受けて活動を推進しております。
事業概要
・モビリティ事業
お年寄りや障害のある方々にもやさしい交通 の実現のお手伝いをしています。また、「草の根国際交流支援」として、地域住民のてによる国際交流の活発化への支援をしています。
・エコロジー(地球環境)事業
運輸交通部門でのCO2排出問題を中心に「地球温暖化」防止に努力しています。
主要成果物

運営

設立年
1994
管轄官庁・親機関
国土交通省
職員・スタッフ数
約30人
年間予算規模
活動地域
国内全般

環境情報・定期刊行物等

定期刊行物等
運輸・交通と環境(毎年度発行)
定期刊行物等の提供先・有料実費無料等
当財団へ問い合わせ
問い合わせ先

部署:交通環境対策部

TEL:03-3221-7636

FAX: 03-3221-6674

URL:http://www.ecomo.or.jp/traffic_work/traffic_press.html

E-Mail:ecomo@ecomo.or.jp

[交通エコロジー・モビリティ財団]今後のイベント

[交通エコロジー・モビリティ財団]これまでのイベント

【全国】小学校における交通環境学習の普及に向けての支援事業助成金
募集期間:2008.05.21(水) 〜 2008.06.20(金)