一般財団法人環境イノベーション情報機構

機関情報One Hundred基金

One Hundred基金 (ワンハンドレッド基金)【任意団体】

英名
The One Dollar Fund,Japan
代表
820-0081 福岡県 飯塚市枝国406番地2
電話
0948-23-8560
FAX
0948-23-8560
E-Mail
one_hundred@mbg.nifty.com
URL

事業概要

活動分野
自然公園、砂漠化
目的
人間の自然環境破壊によって、この地球上では数秒間にサッカー場1面分の緑が消えているといわれています。今、両生類の57%、爬虫類の67%,哺乳類の75%が危機に瀕していると語られています。年間47,450種類が絶滅しています。息子洵作が15才の時にアフリカのケニアで見て感じた“自然の生態系を壊しているのは人間なんばい!!”“動物たちを自然のまま保護して生きていきたい”という意志を友人たちと共に伝えていきたいと思います。日本の100円で苗木が買える現実と、日本の100円が世界においてどれほど大金なのかを、大人たちにも、子供たちにもご理解いただき「One Hundred基金」を設立いたしました。皆様のご協力は、1年に1回 国連環境計画(UNEP)と、地球環境平和財団が共催する「地球の森プロジェクト」を通じて全額、世界での植樹活動に活用していきます。この地球に動物たちの住める美しい森が蘇りますように・・・
事業概要
自然をこよなく愛し、動物が大好きだった洵作の「自然の生態系を壊しているのは人間なんばい!」をスローガンに、洵作の友人たちと家族で2001年12月26日洵作の命日に「One Hundred基金」を設立いたしました。活動は、一人の人から多くの人々へというメッセージを込めて、1缶1缶思いを込めて手作業で募金箱を作り、地域の方々にご支援をお願いしてきました。支援の輪は「洵作の森ーケニアの大地に」田中章義著の本の出版のおかげで各地に広がりをみせています。今年2003年2月・ケニア・ウゴング自然保護区で第1回の植樹活動を現地の子供たちと行ってきました。募金箱は1年に1回12月に回収し、地球環境平和財団へ全額送金し国連環境計画(UNEP)へと移されていきます。ケニアに100万本の苗木を植えるという壮大な計画の一歩がスタートしました。
主要成果物

運営

設立年
2001
管轄官庁・親機関
職員・スタッフ数
年間予算規模
活動地域
主に福岡県

[One Hundred基金]今後のイベント

[One Hundred基金]これまでのイベント

【東京都】One Hundred基金 洵作の森への期待イベント
開催日:2003.10.30(木) 〜 2003.11.17(月)
【海外】「地球の森プロジェクトinケニア」洵作の森植樹活動イベント
開催日:2004.11.13(土) 〜 2004.11.23(火)
【福岡県】アースデイ福岡2005イベント
開催日:2005.04.23(土) 〜 2005.04.24(日)