一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

機関情報日本国際民間協力会(NICCO)

日本国際民間協力会(NICCO) (ニホンコクサイミンカンキョウリョクカイ)【公益社団法人】

英名
Nippon International Cooperation for Community Development
略称
NICCO
代表
604-8217 京都府 京都市中京区六角通新町西入西六角町101番地
101, Nishi-rokkaku-cho, Nakagyo-ku, Kyoto 604-8217
電話
075-241-0681
FAX
075-241-0682
E-Mail
info@kyoto-nicco.org
URL
http://www.kyoto-nicco.org

事業概要

活動分野
身近な自然の保全、森林の減少、国際環境協力
目的
NICCOは地球規模の視野に立ち、途上国の人々の経済的・精神的な自立図るため、途上国の現場でともに生活しながら、教育、職業訓練、環境保全、有機農業、難民支援等の分野で自立支援プロジェクトを過去30年に渡って展開してきました。
今後も特定の宗教や政治的立場には一切関与せず、人種と国境を越えて人道主義に基づく救援活動を展開して行きます。
事業概要
1. パーマカルチャーに基づいたコミュニティ開発:
自然環境にやさしい持続可能な農林牧畜業に基づき、環境を守りながら収入も確保できる総合的なコミュニティ(村落)開発を行っています。

2. 職業訓練と人材育成:
途上国の貧しい生活を強いられている人々が経済的・精神的に自立し、貧富の格差をなくせるよう、職業訓練や人材育成に力を入れています。

3.緊急支援(難民支援、自然災害被災者支援):
人的要因、自然災害などにより国内・外に難民/避難民が発生したら、すぐに現地へ行き、現地のニーズを的確に見極め、難民/避難民が必要とする物資・衣料品の配給、医療活動、被害を受けた建造物の修復等を行います。さらに、モノの提供だけではなく、非日常生活を送る人々の心のケアにも力を入れています。
主要成果物
JICA草の根技術協力事業、外務省日本NGO支援無償資金協力、ジャパン・プラットフォーム(JPF)

運営

設立年
1979
管轄官庁・親機関
外務省
職員・スタッフ数
有給日本人スタッフ:国内12名、海外13名、有給現地スタッフ:海外37名、国内インターン:11名、ボランティア:約50名
年間予算規模
約4億円
活動地域
マラウイ、パレスチナ、ヨルダン、イラン、アフガニスタン、日本

環境情報・定期刊行物等

定期刊行物等
会誌「リリーフ・アクション」
定期刊行物等の提供先・有料実費無料等
80円の郵便切手3枚を同封の上、郵送で申込
問い合わせ先

部署:同上

TEL:

FAX:

URL:

E-Mail:

[日本国際民間協力会(NICCO)]今後のイベント

[日本国際民間協力会(NICCO)]これまでのイベント