一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境Q&A

深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか? 

登録日: 2006年02月13日 最終回答日:2007年06月02日 エネルギー 省エネルギー

No.14706 2006-02-13 05:27:08 ケージ

電力会社によるオール電化の宣伝が盛んなようです。
オール電化住宅では深夜電力で90度ぐらいのお湯を
沸かして、給湯や暖房に利用するのだそうです。

さて、発電所ではさまざまな燃料でお湯を沸かして
その蒸気でタービンを回して電気を作っているわけです
そしてその電気を送電線にのせて延々と私たちの家まで
運んでいるわけです、この間多くのエネルギーがロス
していきます。そしてその電気でまたお湯を沸かすなんて!

どうかんがえても愚かだと思えるのですが、みなさん
はいかがお考えでしょうか?

総件数 34 件  page 1/4  1 2 3 4  次へ

No.14707 【A-1】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-13 17:43:04 森のめぐみ

質問の内容に全く同感です。無駄の連鎖と思います。

回答に対するお礼・補足

ご賛同ありがとうございます。

No.14708 【A-2】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-13 17:49:04 コロ

 そのとおりだと思うのですが、発電所は夜間でも稼動を止められないそうです。つまり、捨てている電気を有効に利用している…という理屈になるようです(釈然としないと思いますが)。
 使っても使わなくてもどうせ発電している→それなら安くしても使ってもらえば電力会社は料金が貰えるし、消費者は安い料金で電気を使える→みんな幸せ、といったところでしょうか。

回答に対するお礼・補足

ご賛同ありがとうございます。
「捨ててる電気なら深夜電力はただにしろ」といいたいです。

No.14709 【A-3】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-13 17:49:42 BATA

発電って、都合よく止めたり動かしたりできるもの
なんでしょうか???

それなら、無駄ってことになるんでしょうけど、
動き出したらなかなか止められない、止めたために
再起動に莫大な労力(エネルギー消費を含む)が
必要というのであれば、発電しっ放しになるわけで、
垂れ流しになる電気を、たとえ、無駄の連鎖とはいえ、
再度、電気以外のエネルギーとして使えるなら、
それはそれで、よいのではないでしょうか?

回答に対するお礼・補足

ご意見ありがとうございます。
発電所の出力調整能力の幅はけっこう大きいはずです。

No.14710 【A-4】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-13 19:21:55 匿名

>どうかんがえても愚かだと思えるのですが、みなさん
>はいかがお考えでしょうか?

常識以前の話として水力ならば発電容量により異なりますが数分から数十分、火力ですと発電という電機を起こすところはどうなるか判りませんが火を焚いているボイラーと呼ばれるものは数時間から数日かかると学生時代に教わっています。原子力でも火力と似たようなものと思います。(まだ運転していなかったと思います)
電機は貯めておくことが出来ないので、火力を作ると高瀬川が代表する揚水発電所という物を作って電機を水の位置エネルギーとして貯めておきます。
電機とかガスとか化石燃料を使うこと自体が大変愚かな事なので、どうせ使うのならば無駄なく夜間電力も使うことが効率としては省エネになるはずです。
当然、車も、電機も、石油や石炭を使わないのが一番良いのです。

回答に対するお礼・補足

ご意見ありがとうございます。
私の考えはA-6さんの所にまとめてみました

No.14711 【A-5】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-13 20:09:05 isisan

運用的な問題としてはすでに回答がありますね。
発電機は同じ出力で続けて使い続けることで効率が最大。
また,発電量は平均値ではなくピーク時に対応できるよう
に設計しないと供給不足になりますからどうしても無駄が
大きくなります。
よって消費電力として大きなウエイトを占める熱源としての
用途を昼間から夜間へシフトさせることができれば,夜間の
余剰電力を有効に使えるだけでなく昼間のピークを減らすこ
とができ発電所が少なくて済みます。

エネルギー的な面からも多少の誤解がありそうです。
最近エコキュートという方式の熱効率は極めて高いのです。
電熱線でお湯を沸かす場合は100のエネルギーから100
以上の熱量を取り出すことはできませんが,エコキュートを
使用すれば300以上の熱を得ることができます。
今の所せいぜい90℃が限界ですが,一般家庭で熱源として
消費されるもののほとんどがこれで対応できます。

途中でエネルギー形態の変化によるロスはありますが最後の
段階で3倍になります。
具体的な代表値をピックアップしてみれば
 発電,送電ロスが65%ほどだと言われています。
 エコキュートの効率が3.4倍ほどだと言われています。
よってお湯を沸かすという点で言えばむしろプラスになって
います。これに運用上の「電力平準化」という点を考慮に
入れれば有効な手法だと言えるのではないでしょうか?

回答に対するお礼・補足

↑(私の考えはA-6さんの所にまとめてみました)はA-5さんのまちがいです。

発電量はピーク時に対応できるように設計しなければならない→そうすると夜間の能力が余剰する→オール電化を宣伝する→ピーク電力が上がるのスパイラルになることは無いでしょうか?
夜間電力の余剰とは本当にプラントの構上の問題なのですしょうか?

No.14721 【A-6】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-14 10:48:39 水白

「家庭用エネルギー統計年報2001年版」によると、一般家庭のエネルギー消費の6割を給湯と暖房が占めています。
これらを夜間の余剰電力でまかなうので省エネルギー効果は期待できるのではないでしょうか。

また「平成17年版 消防白書」によると住宅火災の原因の23%がコンロとストーブですが、
オール電化では火を使わないので火災の危険はありません。一酸化炭素中毒の心配もなくなります。

欠点もあるかもしれませんが、それ以上にメリットがあると思います。

No.14750 【A-7】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-14 20:21:02 まだらのいぬ

火力発電や原子力発電は燃料の燃焼や発生する熱などが環境にやさしくなさそうなので、水の位置エネルギーを利用した水力発電所をたくさん作った方がエネルギーが無駄にならず環境にも良いと思いますがいかがでしょうか?

回答に対するお礼・補足

ご意見ありがとうございます。
ところでこの話で思い出したのですが、宮崎県のの小丸川というところに小丸川ダムという揚水発電所が建設中です。
揚水発電所というのは他の発電所であまった夜間電力で夜中に大量の水をポンプアップして、昼間にその水で水力発電をおこなうという、発電所のための発電所のようなものです。
さてこの小丸川発電所のための送電線として「綾の森」という日本最大の照葉樹林に鉄塔を立ててしまいました。
その送電線は夜間電力を余らせている原発と結ばれることになっているのですが、その原発はまだできていません。
というか地元の反対で暗礁にのりあげている状態です。

No.14764 【A-8】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-15 12:48:08 匿名

まだらのいぬさまへ
水力発電所を作るには適地という自然の条件が必要です。
まず水がない場所には作れません。水があっても流量が安定しなければ少ないときには停電します。その場合ダムを作る必要があり相当大きな環境負荷が出ます。
また水の位置エネルギーを使う場合には急流(川の傾斜がきつい場所)の必要があります。そうすると日本には殆ど適地は残っておりません。(尾瀬沼をなくせば相当な発電所が作れますが賛成されますか?)
川の運動エネルギーを使う場合にはそれほど大きな発電量はありません。
それでも今後は小規模な発電所を作っていくべきとは思いますが、いろいろな規制もあり設置可能な場所はそれほど多くはありません。例えば京都嵐山の橋のそばに小さな発電所があるのをご存知ですか?発電した電気は遊歩道の照明に使われています。
昔は発電などせずに、直接水車を回して動力に使っていたのですが、今の日本人にはそのような生活が可能とは思えません。
No.14710でも申し上げましたが車も、電機も、石油や石炭を使わない。お湯も必要最低限しか使わない。そのような生活を送れる方が本当のエコ生活ではないでしょうか?
もっともそのような方は当然PCなぞ使われませんよね。
つまり現在の状況の中でエネルギー効率の良否を考えるべきであって、基礎のデーターもなく土俵の異なる理想論を仰られてもお返しする言葉はございません。

No.14769 【A-9】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-15 14:02:08 みみなしのねこ

電力は再生可能なエネルギー源を利用することが原則であるべきです。総合効率で30%程度の電力を湯わかしなどに利用することはむだの典型です。まだらのいぬさんのおっしゃることは理想論ではなく実現可能な範囲です。
そのためには、ライフスタイルの変更や更なる劇的な省エネが必要になります。大きな無駄を暗黙のうちに容認するような製品の販売は考えなおす時期にきていると思います。
私の家では、薪燃料の貯湯式温水器を長年にわたり利用しています。薪は近くの里山へ休日に採取にいってます。
都市に暮らすことが無駄を生む原因です。
自然のめぐみを享受できる田舎暮らしが環境のために最もよい暮らしだと思います。

No.14775 【A-10】

Re:深夜電力でお湯を沸かす行為は正しいのか?

2006-02-15 15:21:10 いいのかな

みみなしのねこさんへ

自然のめぐみを享受できる田舎暮らしが出来るとはたいそうなご身分ですね。

http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=14610

で申し上げた事を繰り返しますが、日本の土地生産性から考えるとそのような暮らしが出来る方は、精々参千萬、そうなると私ども下層階級の七千萬の人民はどのように生きていけば良いのですか。海から落ちてしまえとでも仰るのですか?

この狭い土地にしがみついて生きるということは、それだけで相当の無理があることは前提でお話いただけないと・・・・

総件数 34 件  page 1/4  1 2 3 4  次へ