一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境Q&A

アンモニアの分析 

登録日: 2007年03月14日 最終回答日:2007年03月15日 大気環境 悪臭

No.21668 2007-03-14 06:17:49 まこと

悪臭分析でアンモニアをインドフェノール法で分析しました。ところが本来インドフェノールブルー(青色)に着色するべきところが、黄色みがかった色になりました(標準もサンプルも)。用いた試薬に問題があると思うのですが、操作上誤っている点をお教えください。

総件数 3 件  page 1/1   

No.21675 【A-1】

Re:アンモニアの分析

2007-03-14 19:09:46 火鼠

この、質問かなり無理がある。標準使って色が出ない状態を、これだけの情報で説明しろは。無理じゃないでしょうか?貴方は、試薬に問題が〜と言ってます。それだったら、試薬を変えてください。ここで、話しているのは、貴方の家庭教師でも、専属教授でもありません。貴方のやった手順、しぐさもわからないのに。教えろはないでしょう。もう少し、具体例ここまでやったが、(判らんならわかりますが)もしかすっと。純物質でも、発色しないってことは、分析に向いてないかもしれません。

回答に対するお礼・補足

おっしゃる通りです。再挑戦します。

No.21688 【A-2】

Re:アンモニアの分析

2007-03-14 23:28:04 EMBRYO

ナトリウムフェノキシド溶液 水酸化ナトリウム溶液(200g/L)55mLをビーカーにとり、冷水中で冷却
しながらフェノール25gを少量ずつ加えて溶かす。放冷後、アセトン6mLを加え、水で200mLとする。
10℃以下の暗所に保存し、5日間以上経過したものは使用しない。

液温を20〜25℃に保って約30分間放置する。

吸光光度法の基本をしっかり押さえて行なってください。

回答に対するお礼・補足

勉強し直して、再挑戦します。

No.21701 【A-3】

Re:アンモニアの分析

2007-03-15 12:51:48 BATA

火鼠さんも言われているように、操作上誤っている点を教えようにも、まことさんがどのように操作しているかがわかりませんよ…
それじゃ、誤りの指摘はできないと思いませんか?
発色試薬の調製にはEMBRYOさんも言われるように、結構、面倒くさいですよ。

次の点に回答をお願いします。

・試薬に問題があると思った理由
・黄色みがかかった着色は、発色、退色など、通常の分析時と違いはありましたか?
・そもそも、通常にやって、発色してますか?
・試薬の調製はどのように行っていますか?(「JISに従って作ってます」は回答になりませんよ)

この回答次第で、誤り等の指摘をもらえるかもしれませんよ。

総件数 3 件  page 1/1