一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境Q&A

ガス濃度について 

登録日: 2009年01月16日 最終回答日:2009年01月20日 大気環境 その他(大気環境)

No.30903 2009-01-16 18:49:29 ZWla71c こぶ

ガスクロマトグラフィーでガスの定量を行いたいと考えており,
検量線を作成するため,標準ガスの濃度を知りたいのですが,プッシュ缶標準ガスには純度(%)での表示しかありません。

たとえば窒素のプッシュ缶標準ガスの純度が99.99%とあるのですが,このときの窒素ガスの濃度はどのように求めたらよいのでしょうか?
下式を用いた算出方法で正しいのでしょうか?

mg/L = %×M/22.4×273/(273+T)×10×P/1013
M:分子量
T:気温(℃)
P:測定点の気圧(hPa)

どうかご教授お願いします。

総件数 3 件  page 1/1   

No.30919 【A-1】

Re:ガス濃度について

2009-01-17 23:15:04 筑波山麓 (ZWl7b25

「こぶ」さんへ。

このような場合の解決法をお教えします。
自分が不安を持つ計算式をふりまわすよりも、誰でも分かる簡単なものに置き換えて考えます。

窒素は2元素分子です。したがって、28gが22.4Lです。質問されている内容から、理解できると思います。

純度が99.99%ですから、0℃、1気圧で28×1000×0.9999÷22.4=1250mg/Lです。
後は、温度、気圧補正してください。温度が高くなればガスは軽くなります。気圧が高くなれば、ガスは重くなります。
23℃、1040hPaであれば、1250×{273÷(273+23)}×(1040÷1013)=1168mg/L です。

あとは、あなたが考えた式で計算してください。温度および気圧を2通り以上変えて入力し、いずれも一致すれば、あなたの考えた式は正解です。

なお、これは、「より高度な計算は、必ず基本的な計算に分解して検算するという」基本にしたがった方法で、私がISO/IEC17025で式の検算の場合に利用する方法です。

よろしく、ご利用ください。

追伸:
「アスベスト分析屋」さんへ。
誤りを指摘してくれてありがとうございます。

>勝手に回答してしまって申し訳ありません。
いいえ、誤りを指摘していただけなかったら、気づかなかったかもしれません。「こぶ」さんにも、誤ったことを教えたままになっていたかもしれません。今後も、誤っていたらご指摘下さい。

「こぶ」さんへ。
誤って教えて申し訳ありませんでした。
なお、ご指摘にしたがい、修正させていただきました。

回答に対するお礼・補足

ご返答ありがとうございました。
またわからないことがあればアドバイスお願いいたします。

No.30930 【A-2】

Re:ガス濃度について

2009-01-19 12:48:12 アスベスト分析屋 (ZWla85f

 この場で他の人の間違いを訂正することをお許し下さい。

 「こぶ」さんへ

 窒素は2原子分子です。したがって28gが22.4Lです。後は「筑波山麓」
さんが回答した方法で行えばいいかと思います。

 「筑波山麓」さんへ

 多分分かっていると思いますが、ここに訂正させていただきました。
勝手に回答してしまって申し訳ありません。

 以上宜しくお願いいたします。

No.30952 【A-3】

論点が、ちがうかもしれません。

2009-01-20 18:41:51 火鼠 (ZWl8329



私は、論点がつかめません。標準物質のN2の整合性をGCで求めようとしているのかと、思いました.
それは、無理です。GCでは、有効数字は高々4桁がいっぱいでは?。標準ガス作るところは、重さだから10桁以上は使っているのでないでしょうか?おまけに、減衰や、変質を考慮して、半年以上ボンベにつめたまま放置して、再度分析して濃度の変化がないことを確認しているものが標準ガスではないでしょうか?

プッシュ缶の標準に、化研何級なんて表示は、最近はあるのでしょうか?プッシュ缶程度の標準gas(正しいとは、思います)

総件数 3 件  page 1/1