一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境Q&A

遺伝資源に関して 

登録日: 2011年10月14日 最終回答日:2011年10月14日 自然環境 生物多様性

No.37567 2011-10-14 16:32:35 ZWle39 佐々蔵康平

野生生物の遺伝資源に関して、野生動物の遺伝資源は貴重だからという理由のみで保護されているのですか?

それとも、品種改良など何か利用方法があるのですか?

総件数 1 件  page 1/1   

No.37568 【A-1】

Re:遺伝資源に関して

2011-10-14 18:01:23 茨城県 / sumi (ZWl161a

「貴重だからという理由のみ」とお書きですが、
貴重という言葉は 非常に価値があり きわめて大切である ことを表す言葉ですから、“貴重だ”という認識があるのであれば、保護の理由としては それだけで十分だと存じます。
他に理由は必要ないと考えます。

品種改良の素材になるという可能性もあると存じます。

さらに もっと本質的な野生生物保護の理由は、人間自身の生存が地球生態系に依存しているから と言うことだと 私は理解しています。

回答に対するお礼・補足

回答ありがとうございました。

貴重だからという理由のみ、という表現は少し不適切だったと思います。
遺伝子そのものとしての貴重性、重要性は承知しております。

ただ、資源と名のつく以上、どれほどの利用がされているかという点で疑問に思いました。

人間自身の生態系依存というワードで、理解できました。
改めて人と生態系の関係性を、遺伝子という視点で考察したいと思います。

総件数 1 件  page 1/1