一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境Q&A

事務所則における機械換気装置とは 

登録日: 2012年12月31日 最終回答日:0000年00月00日 環境一般 調査/研究

No.38952 2012-12-31 00:39:03 ZWlbc32 たんばりん

事務所の環境測定の依頼を受けて中央管理装置の空気環境測定を行なっていたところ、機械換気設備の質問を受けました。

事務所則第5条にある機械換気設備とは実際どのような設備を言うのでしょうか?
条文上では、機械換気設備とは、『空気を浄化し、その流量を調節して供給することができる設備』と謳われています。
また解説本には『浄化とは外気を取り入れる』ような事が書かれていました。

以上の事から機械換気設備は「外気を取り入れており、流量が調整できる換気扇のような物」と考えられますが、そういった判断で間違いないでしょうか?
換気扇で強弱スイッチがついていたり、ロスナイ換気も同じような物と考えています。

話が少しそれますが、空気調和設備もパッケージエアコンではなく、外気を取り入れており、流量の調整が出来、温調できるものが、この則に該当すると考えています。

考え方は間違いないでしょうか?

以下、事務所則のリンクです。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000043.html

よろしくお願いします。