一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 廃アルカリ

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

廃アルカリ

ハイアルカリ   【英】Waste Alkali  

解説

廃棄物の一種で不要になったアルカリ性溶液のこと。

廃ソーダ液、金属せっけん液をはじめアルカリ性の廃液のすべてを含む。PCB汚染物は特定有害廃棄物であり、PH12.5以上の強アルカリ性廃液は、特別管理産業廃棄物である。

pHの高い廃液は、下水処理では微生物の活動を阻害し、pH12以上の強度になるとコンクリートを損壊し、石灰分を多く含むときは管内に沈降付着して管閉塞の原因をつくる。排出するときには中和処理が必要で、排液の性質により鉱酸、炭酸ガスなどが用いられる。

化学工業で化学反応に使用されたアンモニアなどの廃液、電気機器産業でアルミ製品のエッテチングなどに使用されたアルカリは、酸と中和して生成した粒子をケーキとして分離した後、放流する。綿糸の精練工程で排出されるアルカリ性廃液は、脱色処理後濃縮して再利用する。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト