一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ホテイアツモリ

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.15

ホテイアツモリ

ホテイアツモリ  

解説

ラン科アツモリソウ属の多年草。夏緑性で山地帯から亜高山帯にかけての高茎草原(1mを越えるような背の高い植物の多い草原)や、樹木がまばらに生えた疎林内に生育する。アツモリソウと同じような形態だが全体に大型で、草の丈は30-50cm。葉はアツモリソウより広く、茎を強く抱く傾向がある。花も大型で、5-7cmとなり、濃紅紫色になるものが多い。本州中部-北海道、千島、アジア北東部-ヨーロッパ東部に分布する。

園芸目的の採取や奥地の開発で生育地が失われたことにより、個体群が消滅した地域が多い。1997年にアツモリソウとともに、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律種の保存法、1992)」で「国内希少野生動植物種」に指定された。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧IB類(EN)とされている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト