一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 地球規模生物多様性概況第5版

作成日 | 2021.07.14  更新日 | 2021.09.24

地球規模生物多様性概況第5版

チキュウキボセイブツタヨウセイガイキョウダイ5ハン   【英】Global Biodiversity Outlook5  [略]GBO5  

解説


生物多様性条約事務局が2001年以降5年ごとに作成している地球の生物多様性の状況に関する報告書(地球規模生物多様性概況GBO)の第5版で、2019年9月に公表された。

各国の国別報告書やIPBESの関連評価報告書などをもとに、愛知目標の達成状況を最終評価し、20目標のうち6目標について「部分的に達成された」と判定した(9(侵略的外来種)、11(保護地域)、16(名古屋議定書)、17(国家戦略)、19(科学技術)、20(資金))。残りの14目標は未達成と判定。

また、GBO5は、人間活動の広範な分野でこれまでのやり方からの変革を求め、生物多様性の価値、人類が依存する生態系を回復させる必要性、そして人間活動による負の影響を軽減させる緊急性を踏まえて、特に次の8つの分野での移行(変化)が必要であるとした。

土地と森林:生態系の保全と回復

持続可能な農業:農業システムの再設計

食料システム:持続的かつ健康的な食生活

漁業と海洋:海洋・沿岸生態系の保護・回復、漁業の再構築

都市とインフラ:グリーンインフラと自然空間の活用

持続可能な淡水:自然と人が必要とする水流を保証する統合的アプローチ

気候アクション:自然に根ざした解決策(nature-based solution)

生物多様性を含めたワンヘルス:生態系と野生動物利用の管理。(2021年6月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト