一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 CCU

作成日 | 2021.09.21  更新日 | 2021.09.22

CCU

シーシーユー   【英】Carbon dioxide capture and utilisation  [同義]二酸化炭素回収有効利用 

解説

発電所や化学工場等から排出されたCO2を、他の気体から分離して集め、新たな製品の製造に利用するプロセス。合成燃料やプラスチック原料の生産を行うカーボンリサイクルもCCUの一形態と言える。特にCO2が製品中に長期に保持される場合にはCCUS(carbon dioxide capture, utilisation and storage)と呼ばれる。

なお、分離した二酸化炭素を地中深くに貯留・圧入する場合は、二酸化炭素回収・貯留(CCS, Carbon dioxide capture and storage)という。これは炭素隔離の一種である地質学的隔離と同義となる。

国際エネルギー機関(IEA)の報告書(2021年)では、2050年のネットゼロ排出量を達成するシナリオでは、CCUSでセメント製造業や発電施設から76億トンのCO2を回収し、そのうちの95%を貯留すると想定している。(2021年7月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト