一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 国家気候政策実施計画【オランダ】

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.16

国家気候政策実施計画【オランダ】

コッカキコウセイサクジッシケイカク   【英】National Climate Policy Implementation Plan  [略]NCPIP  

解説

オランダ政府によって策定された計画。京都議定書温室効果ガス削減目標で、オランダについては、2008-2012年までに、1990年レベルから6%削減することとされており、これを達成するための計画。

オランダ政府は、この目標のうち半分を国内の措置で、残りの半分を京都メカニズムを活用した国際的な措置で達成することとしており、国家気候政策実施計画は、国内の措置を定める第1部と、京都メカニズムの活用について定める第2部で構成されている。第1部は1999年に、第2部は2001年に議会で承認された。

第1部では、産業部門、民生部門など主要グループに対する基本的な政策のパッケージ、排出削減が進まなかった場合の追加的な措置及び京都議定書第一約束期間後も視野に入れた技術・政策革新プランが提示されている。第2部では、京都メカニズムの活用に関する方針などが示されている。

2002年及び2005年に、計画の進捗状況の評価が行われる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト