一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 コメツガ林

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.15

コメツガ林

コメツガリン  

解説

常緑針葉樹のコメツガが多く生育する林。本州、四国、九州で亜高山帯常緑針葉樹林の一部を形成するコメツガが優占する林。コメツガは土壌層の厚さによってはオオシラビソやシラビソと混じって生育するが、特に母岩の露出している岩角地、急傾斜地、土壌の薄い尾根部や乾性立地では優占する林分を形成する。このような林相は土地的極相ともいわれる。

コメツガ林に随伴して生育する種として、イワナシ、クロベ、ミヤマシグレ、シノブカグマなどがある。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト