一般財団法人環境イノベーション情報機構

ヘルプ

サイトマップ

メールマガジン配信中

イベント情報【IGES】気候変動ウェビナーシリーズ「 トランジション・ファイナンスの最新動向」

【IGES】気候変動ウェビナーシリーズ「 トランジション・ファイナンスの最新動向」

【カテゴリ】 地球環境 その他(地球環境)

【開催日】2023.07.21

【開催地】全国


このたびIGESでは下記公開イベントを開催いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

(以下転送・転載歓迎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
気候変動ウェビナーシリーズ
「トランジション・ファイナンスの最新動向」

2023年7月21日(金)14:00〜15:00
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、企業の脱炭素への取り組みを支援する
「トランジション・ファイナンス」が注目されています。企業の脱炭素化を推進するためには、
1.5℃目標と整合する「トランジション戦略の妥当性」を担保し、トランジション・ファイナンスの
信頼性を確保することが必要です。

世界では、2023年6月に国際資本市場協会(ICMA)がその指針となる「クライメート・トランジション・
ファイナンス・ハンドブック(ICMAハンドブック)」を改訂しました。国内では、2023年2月に
「GX実現に向けた基本方針」が閣議決定され、5月に「GX推進法」が成立しました。これにより、
脱炭素への取り組みを早期に実行する方針が示され、年内には民間投資を促進するために
「GX経済移行債」が予定されるなど、経済産業省を中心にトランジション・ファイナンスに関する
取り組みが進められています。

一方、「GX実現に向けた基本方針」で重視される技術は、2030年以降に導入が見込まれるものが中心です。
1.5℃目標の達成を左右する「決定的な10年」における具体的な排出削減につながる行動や取り組みとしては
不十分であり、政策が目標とのギャップを抱えていることが指摘されています。このような背景を踏まえて、
本ウェビナーでは、ICMAハンドブック改訂の内容を含む国内外のトランジション・ファイナンス市場の
動向について紹介し、信頼性の高いトランジション・ファイナンスの拡大に向けた議論を深めます。


本セミナーの詳細・お申し込みはこちらから
https://www.iges.or.jp/jp/events/20230721

気候変動ウェビナーシリーズの過去開催分の動画やプレゼン資料、
質疑応答で寄せられた質問に対する回答集は、以下のページからご覧いただけます。
https://www.iges.or.jp/jp/projects/ce-webinar


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本イベントに関するお問い合わせ先
「気候変動ウェビナーシリーズ」事務局
team-k@iges.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【登録日】2023.07.10

[財団法人 地球環境戦略研究機関]今後のイベント

【神奈川県】
セミナー
開催日:2024.07.23(火)

登録者情報

【登録日】 2023.07.10

【登録者】地球環境戦略研究機関