一般財団法人環境イノベーション情報機構

ヘルプ

サイトマップ

メールマガジン配信中

イベント情報タイヤ摩耗粉塵を含む非排気由来の粒子排出実態に関する研究 その2

タイヤ摩耗粉塵を含む非排気由来の粒子排出実態に関する研究 その2

【カテゴリ】 大気環境 大気汚染

【開催日】2024.02.27

【開催地】全国


■日時:2024年2月27日(火) 13:30-15:30(13:00〜受付開始)
■開催形式:IIAEセミナー室/オンラインZoom(ハイブリッド開催)
■主催:一般財団法人大気環境総合センター
■テーマ:『タイヤ摩耗粉塵を含む非排気由来の粒子排出実態に関する研究 その2』
■講師(敬称略):伊藤晃佳(日本自動車研究所)https://iiae.or.jp/instructor/2479/        
■プログラム:(敬称略)
13:30〜13:35  趣旨説明 若松伸司(愛媛大学名誉教授 IIAE代表理事)
13:35〜15:15 『タイヤ摩耗粉塵を含む非排気由来の粒子排出実態に関する研究 その2』 伊藤晃佳(日本自動車研究所)   
(途中10分程度休憩)
<概要>
 自動車の走行に伴い発生する粒子状物質(PM)には,大きく分けて,テールパイプから排出される排気粒子とそれ以外の非排気粒子の2種類があります.排気粒子の排出量は,自動車排出ガス規制の強化とそれに伴う技術開発により,着実に低減してきました.一方で,非排気粒子(例えば,タイヤ摩耗粉塵やブレーキ摩耗粉塵など)については,低減のための対策等は特に行われていないため,自動車PMに占める非排気粒子の割合,並びに,環境面での影響度が,相対的に増えていく可能性があり,注目を集めています.
 日本自動車研究所では,環境研究総合推進費の支援のもと,「タイヤ摩耗粉塵を含む非排気由来の粒子排出実態に関する研究」を,2022年度から2024年度の3か年の計画で取り組んでおり,タイヤ摩耗粉塵の計測法開発から,非排気粒子の高精度の全国排出量推計まで,幅広い内容の研究を行っています.
 本発表 では,この環境研究総合推進費のタイヤ摩耗粉塵に関する研究について、これまで得られた研究成果だけでなく、自動車排気や非排気粒子に関する国内外の動向といった背景情報についてもまとめて紹介します.
15:15〜15:30  総合討論
     
■申込方法と参加費
◇参加費:一般3,000円(税込・テキスト代含む)
セミナー会員 1,000円(税込・テキスト、動画付)
賛助会員(個人・法人) 無料 (テキスト、動画付)
協賛団体会員 1,000円(税込・テキスト代含む)
---------------------------------------------------------------------------------
下記あてお振込みをお願いします。
ゆうちょ銀行 店名:〇一八(ゼロイチハチ)
店番:018 種目:普通 口座番号:9872334
口座名義:ザイ)タイキカンキョウソウゴウセンター
<ゆうちょ銀行口座間、郵便局からのお手続きの場合>
記号・番号:10160-98723341   
口座名義:ザイ)タイキカンキョウソウゴウセンター
----------------------------------------------------------------------------------- 
         
◇お申込み:https://iiae.or.jp/seminarlist/special_seminar/

【登録日】2024.02.06

[ 大気環境総合センター]今後のイベント

【全国】
セミナー
開催日:2024.04.16(火)

登録者情報

【登録日】 2024.02.06

【登録者】大気環境総合センター