一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

スターバックス、アイスラテも、アイスキャラメルマキアートもストローなしのスタイルに

ごみ・リサイクル リサイクル】 【掲載日】2021.04.28 【情報源】企業/2021.04.15 発表

 スターバックスコーヒージャパン株式会社は、国内全店舗で、アイスのスターバックスラテやキャラメルマキアートなどの冷たいビバレッジ23品目を、ストロー不要のリッドで提供開始し、新たな飲用スタイルを提案する。併せて同商品のプラスチックカップをFSC(R)認証紙カップに変更し、店舗で発生する使い捨てプラスチックの削減をさらに進めていく。
 スターバックスでは2021年2月より国内全店舗で、アイスコーヒーとアイスティー2種の計3品目を、使い捨てプラスチックに代わり、ペーパーカップとストロー不要のリッドで提供を開始し、2021年4月16日(金)より順次、その対象商品を23品目へ拡大。これは定番アイスビバレッジの約70%にあたり、本取り組みを通して、年間約6,700万本分のストローと、その同数(約6,700万杯分)のプラスチックカップ削減効果を生む見込み、としている。
【スターバックスコーヒージャパン株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース