一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

法見直しに向け課題を指摘 化管法に関する懇談会報告書

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2006.09.21 【情報源】環境省/2006.09.21 発表

 化学物質排出把握管理促進法(化管法)の点検を行っていた「化学物質排出把握管理促進法に関する懇談会」の報告書がまとまり、平成18年9月21日に公表された。
 この懇談会は、同法が施行後7年めにあたる19年3月に、施行状況検討結果に基づき、改正など必要な措置を講ずると規定していることを踏まえて、化管法に基づく化学物質排出・移動量届出(PRTR)制度、化学物質安全性データシート(MSDS)制度、化学物質自主管理−−の実施状況を点検し、課題の整理を行っていた。
 報告書は、施行当初に比べPRTR対象物質の届出排出総量が14%減少するなど、同法の化学物質排出抑制効果を評価したが、一方でPRTR制度の課題として、(1)有害性データと組み合わせたPRTRデータの解析、排出量増減要因の把握、(2)廃棄物としての移動に関する届け出事項の拡充、(3)化学物質の製造・使用量・貯蔵量を届け出事項に追加することの更なる検討、(4)「化学物質の分類・表示に関する世界調和システム(GHS)」などを踏まえた対象物質の見直し−−などを指摘。
 また、MSDS制度については、(5)GHSへの適合推進、(6)有害性データ提出、製造量届出、製品表示を規定している化審法とあわせた有害性情報伝達制度の検討、化学物質自主管理については、(7)排出抑制対策、リスク評価、事故時対応などに関する国の指針提示−−の必要性を提言した。
 これらの課題・論点については、引き続き中央環境審議会で検討が行われる予定だ。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク