一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

EPA 2005年の有害物質排出インベントリーを公表

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2007.04.04 【情報源】アメリカ/2007.03.22 発表

 EPAは、3月22日、今年の有害物質排出インベントリー(TRI)データを公表した。施設ごとのデータは昨年9月に公表されており、今回は国全体のデータが公表された。これまでに比べ、公表時期も早まった。
 今回のデータでは、特に懸念の高いいくつかの化学物質について、排出量が減少していることが明らかになった。例えば、2004年から2005年にかけて、ダイオキシンの排出量は23%減少し、水銀の排出量も9%減少した。
 化学物質全体の排出量(TRIに報告されたもの)は、過去5年間のデータを見ると、全国的に22%減少している。ただし2005年の排出量は3%増加した。増加の原因としては、生産量の増加、特定の業種での原材料の変更、大規模施設からの排出量の増加といったことが考えられる。【EPA】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク