一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

EPA PFOA削減に向け 最初の報告書を公表

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2007.04.10 【情報源】アメリカ/2007.03.28 発表

 ペルフルオロオクタン酸(PFOA)の削減を目指すプログラムに自主的に参加している企業にとって、削減の基準となるベースラインを示す最初の報告書をEPAが公表した。
 ベースラインとしては、「PFOA管理プログラム」が始まる前のPFOA排出量および製品中の含有濃度が示されている。
 EPAは、2006年1月25日に、ダイキン、デュポンなど8社に対して、PFOAの排出量および製品中の含有量を2010年までに2000年レベルから95%削減し、その後5年間、遅くとも2015年までに、PFOAの曝露源を排除するための取り組みを実施するよう呼びかけ、8社全てが同意した。これらの企業は、2007年10月31日までに、進捗状況に関する報告を行う予定である。【EPA】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク