一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「21世紀環境立国戦略」が閣議決定へ

地球環境 国際環境協力】 【掲載日】2007.05.31 【情報源】環境省/2007.05.31 発表

 2007年6月1日開催の閣議で、世界の環境政策の枠組みづくりに向けた日本の貢献指針「21世紀環境立国戦略」が閣議決定される見込みになった。
 「21世紀環境立国戦略」は、安倍首相が07年1月26日に行った第166回国会施政針演説の中で策定を提唱していたもので、環境省は中央環境審議会に特別部会を設置し、内容を検討していた。
 今回、閣議決定される戦略の内容は、07年5月29日付けの中環審の意見具申を踏まえて、「伝統的な日本の自然観を現代に活かした美しい国づくりの推進」、「環境保全と経済成長・地域活性化の両立」、「世界・アジアの持続可能な発展への貢献」に向けた取組みを進めることにより、「持続可能な社会の日本モデルの構築・発信」を実現するとしている。
 また、(1)気候変動問題、(2)生物多様性保全、(3)持続可能な資源循環、(4)公害克服の経験と智慧を活かした国際協力、(5)環境・エネルギー技術を中核とした経済成長、(6)地域づくり、(7)人づくり、(8)環境保全対策を推進する仕組みづくり−−の8分野について、今後1、2年で着手すべき重点政策も示されている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク