一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

19年度水質汚濁物質排出量総合調査結果の概要まとまる

水・土壌環境 水質汚濁】 【掲載日】2008.03.28 【情報源】環境省/2008.03.28 発表

 環境省は平成19年度水質汚濁物質排出量総合調査の結果概要をまとめ、20年3月27日付けで発表した。
 この調査は水質汚濁防止法特定施設設置工場・事業場のうち、一日あたりの平均的な排水量が50立方メートル以上であるか、有害物質を使用している特定事業場3万8,209事業場を対象に、18年度排出水の自主測定結果を19年10月1日から31日までにアンケート調査(注1)したもの。
 調査票に基づき、都道府県・政令市別の対象事業所数、特定施設の種類ごとの排水量、規制物質排水濃度の状況などについて整理を行っている。
 なお3万8,209事業場のうち、有害物質使用特定事業場と区分された事業場数は、1日あたり50立方メートル以上の排水量がある事業場で5,273件、同50立方メートル未満の事業場で6,728件。50立方メートル以上の排水量があるが、有害物質使用特定事業場でないとされた事業所は2万6,208件だった。【環境省】

(注1)今回、回答を寄せたのは3万430事業場(回収率:79.6%)。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク