一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

フランス公害防止全国委員会 航空会社の違反減少を報告

健康・化学物質 公害予防/被害】 【掲載日】2008.04.16 【情報源】フランス/2008.04.03 発表

 フランスの公害防止全国委員会(CNPN)は、2007年の活動報告書を公表した。
 この独立機関は、環境分野の空港規則に違反した航空会社による違反文書を審査している。また、同委員会は空港公害検査当局(ACNUSA)に違反金額を提案する。CNPNは、空港沿いの代表者、航空事業関係者、当局で構成され、各方面からの考慮を可能にしている。
 確認された違反は、航空機の軌道逸脱、空港の規制無視など(消灯合図、特定の時間帯での騒音)。
 2007年の罰金の件数は21%減少した(2006年の736件に対し2007年は581件)。
 この減少は、航空会社が環境分野の規則を守ったことを意味している。【フランス エコロジー・エネルギー・持続可能な開発国土整備省】


(PDF形式)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース