一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

豊能郡美化センター元職員らの血液中ダイオキシン類濃度 19年度は10年度比の30.9%に低減

健康・化学物質 ダイオキシン】 【掲載日】2008.07.07 【情報源】厚生労働省/2008.07.03 発表

 厚生労働省は、(1)大阪府豊能郡美化センター元職員らの血液中ダイオキシン類濃度の平成19年度追跡調査結果、(2)全国の廃棄物焼却施設職員に対して行った血液中ダイオキシン類濃度調査の19年度分析結果 をまとめ、20年7月3日にホームページに掲載したと発表。
 この調査は同省が中央労働災害防止協会に設置した「清掃作業従事者のダイオキシンばく露による健康影響に係る調査研究委員会」で実施しているもの。
 豊能郡美化センターについては、9年に同センターの一般廃棄物焼却炉の欠陥が原因となった周辺地域の高濃度ダイオキシン汚染が判明。廃炉が決定し解体されたが、10年度にセンター元職員らを対象に調査を実施したところ、血液中のダイオキシン濃度平均値が一般住民のほぼ10倍と高濃度となっていることが明らかとなり、その後継続的に追跡調査が行われてきた。
 今回の公表内容によると、豊能郡美化センター元職員らの血液中ダイオキシン類濃度は、調査初年度の10年度から比べると年々減少傾向にあり、10〜19年度まで継続的に調査を実施している11名の濃度平均値は、10年度調査値の30.9%にあたる脂肪1グラムあたり80.5pg−TEQ(旧TEQ値)となっていた。(注1,2)
 一方、全国の廃棄物焼却施設職員を対象とした健康影響調査は11年度から実施されているもので、19年度は一般廃棄物焼却施設1施設で働く20名を対象に調査。20名の血液中ダイオキシン類濃度の平均は、脂肪1グラムあたり23.5pg−TEQ(旧TEQ値)及び18.8pg−TEQ(現TEQ値)で、16年度に環境省が行った一般住民の測定値と同程度であった。【厚生労働省】

(注1)豊能郡美化センター元職員らの19年度調査実施者の総計は15名だが、10年度から継続して調査を行っているのは11名。15名のうち、血液中ダイオキシン類濃度の分析が可能な15名の血液中ダイオキシン類濃度は平均70.2pg−TEQ(旧TEQ値)だった。なお、この15名はいずれも、現在焼却作業には従事していない。

(注2)
TEQ値:調査当時のTEFで算出したもの。
TEQ値:平成20年4月1日に施行されたTEFで算出したもの。
TEFとは、TEQを算出する際に、各異性体の濃度に乗ずる係数である。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク