一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

フランス 学校や保育園の大気質のモニタリングをスタート

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2009.09.24 【情報源】フランス/2009.09.10 発表

 学校や保育園の大気質をモニタリングする実験的な全国キャンペーンの開始を発表するため、ジュアーノ閣外大臣は、9月11日、パリ14区のブラール小学校を訪問する。
 このキャンペーンは、9割の時間を室内で過ごす子供たちが、どのような汚染物質を吸い込んでいるのかを把握するもの。フランスでは、呼吸器系の疾患や喘息、気管支炎が子供のいる家庭で増えている。
 キャンペーンの第一弾として、エコロジー・エネルギー・持続可能な開発・海洋省では、2009/2010年度に150箇所の建物のモニタリングを予定。さらに、2009〜2011年にかけて、全体で300箇所の建物でモニタリングを実施する。
 ホルムアルデヒドベンゼンを封じ込める対策が、大気質のモニタリングに同意した団体、国立産業環境災害研究所(INERIS)などの支援を受けて、実施される。
 なお、この実験は、2012年から大気質のモニタリングを義務付けたグルネル第2法案の約束を実現するもの。また、第2次健康・環境全国計画においても、重点課題として盛り込まれている。【フランス エコロジー・エネルギー・持続可能な開発・海洋省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ