一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

アメリカ 殺虫剤の内分泌系への影響を調査へ

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2009.11.10 【情報源】アメリカ/2009.10.29 発表

 アメリカ環境保護庁は、内分泌かく乱スクリーニングプログラムに基づいて、殺虫剤に含まれる化学物質を対象に、内分泌系に及ぼす影響を選別する最初の試験を命じた。集めたデータは、EPAが追加的な試験や対策の必要性について判断する際に活用される。試験を実施するためのガイドラインなどは、10月21日に示されている。
 また、今後4カ月のうちに、67種類の化学物質について、製造業者に試験の実施を通知するスケジュールも提示された。なお、最終的には、殺虫剤に含まれる全ての化学物質が対象となる。
 EPAでは、現在、最初の化学物質の一群について選別を進めつつ、対策の見直し、データの評価、内分泌系への作用の可能性の判断に向けて準備を行っている。【EPA】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク