一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

環境省 被災地の公共用水域の水質モニタリング調査結果 岩手県及び宮城県内の調査結果を速報

水・土壌環境 水質汚濁】 【掲載日】2011.07.08 【情報源】環境省/2011.07.08 発表

 環境省は、東日本大震災を受け、被災地の公共用水域においてに緊急的に実施した、有害物質等の水質モニタリング調査のうち、岩手県内(調査日:6月2日〜8日)及び宮城県内(調査日:6月3日〜5日)の河川及び海域における測定結果を公表した。
 公表によると、河川の水質については、岩手県では全18地点において、人の健康の保護に関する環境基準値を下回った。宮城県では全21地点中、ふっ素について1地点(測定値 0.89 mg/L(基準値 0.8mg/L))で、ほう素について4地点(測定値 1.4〜2.6 mg/L(基準値 1mg/L))で、人の健康の保護に関する環境基準値を上回る値がみられたが、他の地点では、環境基準値を下回った。 また、海域の水質については、岩手県の全34地点、宮城県の全56地点の全てにおいて、人の健康の保護に関する環境基準値を下回った。
 環境省では今後、岩手県、宮城県等の関係機関に測定結果を提供するとともに、追加調査の必要性の検討を含めて関係機関と協力して対応していくとしている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク