一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

平成23年の南極オゾンホール 最大面積2,550万km2

地球環境 オゾン層】 【掲載日】2011.11.01 【情報源】気象庁/2011.11.01 発表

 気象庁は、2011年11月1日、平成23年の南極上空のオゾンホールの面積が、9月12日に今年の最大面積である2,550万km2(南極大陸の約1.8倍)まで広がったと発表。
 気象庁では、今年の大きさは過去10年間の平均とほぼ同じだが、依然として南極上空のオゾン層破壊物質の濃度が高い状態にあるため、大きい状態が継続していると見ている。
 また、近年、南極上空のオゾン層破壊物質の濃度は緩やかに減少しており、南極オゾンホールは徐々に縮小してゆくとみられるが、オゾンホールの形成・発達は下部成層圏(南極上空約20km)の気温にも大きく依存するため、気象条件の変動により、今後も規模の大きいオゾンホールの発生が予想できることから、引き続きオゾン層の状況を観測し、的確な情報提供に努めるとしている。【気象庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク