一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

平成22年度に実施した臭素系ダイオキシン類排出実態調査結果を公表

健康・化学物質 ダイオキシン】 【掲載日】2012.03.06 【情報源】環境省/2012.03.06 発表

 環境省は、平成22年度に行った臭素系ダイオキシン類排出実態調査の結果を24年3月6日までにとりまとめ、公表した。
 臭素系ダイオキシンは通常のダイオキシン類の「塩素」の1つ以上が「臭素」に置き換わった物質。塩素が1つだけ臭素に置換したものを「モノ臭素ポリ塩素化ダイオキシン類」、全ての塩素が臭素に置換したものを「臭素化ダイオキシン類」という。臭素系難燃剤が混入している家電製品のプラスチックなどが不完全燃焼すると発生するとされている。
 今回の調査はセメント製造施設2施設を対象に[1]排出ガス、排出水(工程排水含む)、[2]環境大気、降下ばいじん公共用水域水質及び底質、[3]投入原料及び製品−−の調査を実施した。
 その結果、排出ガスについては、過去調査の他施設に比べて低い濃度のPBDDs/PBDFsが検出された。排出水についても、過去調査の他施設に比べて低い濃度のPBDDs/PBDFsが検出された。
 また、環境大気、降下ばいじん公共用水域水質及び底質中のPBDDs/PBDFs濃度は、過去調査の他施設の周辺環境と同程度又は低い濃度レベルであった。
 今後、環境省では、国際的な毒性評価に関する動向を踏まえながら、引き続き、排出実態等に関する知見の収集に努めるとしている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク