一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

韓国、水銀条約締結に向け水銀に関する国際セミナー開催へ

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2012.03.23 【情報源】その他/2012.03.07 発表

 韓国環境部(MOE)と韓国国立環境研究院(NIER)は、2013年に予定される世界水銀条約の締結に向けて、2012年3月8日に水銀に関する国際セミナーを開催する。水俣病の原因物質である水銀は様々なリスクを有し、長距離を移動することがあるため、2010年から、国連環境計画の主導で水銀を規制するための国際条約の交渉が進められている。
 交渉課題となるのは、1)水銀供給の削減、2)製品及び製法中での水銀使用の削減、3)水銀の国際貿易の削減、4)大気中への水銀排出の削減、5)水銀含有廃棄物への対応、6)人材育成及び技術的資金的支援の体制の明確化など。
 今回開催されるセミナーでは、国内外の専門家が参加し、水銀の使用制限に向けた国際運動を推進し、総合的な管理計画や研究の方向を探る。また、各国政府、学術機関、企業及び民間組織の間での情報の交換と共同活動の場ともなる。MOEは、2006年以来国内の水銀の管理を実施し、水銀の制限による公衆衛生上の利益と産業への影響の分析も行っている。禁止の範囲によっては、液晶表示装置、非鉄金属加工および石油精製施設などの主要産業に大きな影響が予想されるため、国内産業界の意見収集を進めている。【韓国環境部】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース