一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

鹿嶋第二風力発電所新設事業及び印南風力発電事業に係る環境影響評価準備書に環境省意見を提出

環境一般 環境アセスメント】 【掲載日】2012.11.15 【情報源】環境省/2012.11.15 発表

 環境省は、鹿嶋第二風力発電所新設事業及び印南風力発電事業の2事業に係る環境影響評価準備書についての環境大臣意見を平成24年11月15日付けで経済産業大臣に提出した。
 今回の環境省意見では、2事業に共通する意見として、環境影響評価書の作成に当たっては、法及び発電所主務省令等関係法令に従い、必要な事項を遺漏なく記載すること。特に、対象事業の目的及び内容、環境保全措置並びに事後調査については、具体的かつ詳細に記載するよう求めている。
 また、当該事業に係る事業特性及び地域特性を適切に整理した上で、環境影響評価項目の選定について再検討するとともに、評価書においては、根拠や経緯を明確にし、科学的・客観的な評価とするよう求めいている。
 動物及び植物については、環境影響を可能な限り回避・低減する観点から、風力発電設備等の配置等を含めて検討するとともに、鳥類等の衝突に関する予測については、不確実性が大きいことから、事後調査を実施するようもとめるとともに、事後調査を実施した場合には、その結果について公表すること。事後調査の結果に応じて、追加的な環境保全措置を実施した場合は、その結果も含めて公表することを求めいている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク