一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 新助成重点「製造段階における材料効率」を公表

エコビジネス 環境と経済】 【掲載日】2013.04.19 【情報源】ドイツ/2013.04.08 発表

 ドイツ連邦環境省のアルトマイヤー大臣は、ハノーファーメッセにおいて、連邦環境省の新しい助成重点「製造段階における材料効率」を公表した。環境革新プログラムから2000万ユーロを拠出するとしている。この助成重点は、製造の流れを改善し自然資源を保護することを目指すもの。連邦環境庁がこの助成重点を専門機関として担当し、ドイツ復興金融公庫グループが管理・財務的処理を担当する。この重点が設置された背景として、製造業を営むドイツ企業は高い材料費を必要としており、2009年には、原料、補助材料、動力用燃料にかかる費用が、総製造費の平均40%以上を占めたという。技術の改善により、平均約20%の材料費用が削減できるとしており、新しい重点により、このポテンシャルを上げ、ドイツ資源効率化プログラム「ProgRess」の実行を支えていくとしている。材料効率の高い製造プロセスの実行や材料を多量に利用する製造方法の変更などの革新的なパイロットプロジェクトが助成される。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース